楽に楽しく生きるためにおすすめするマインド3選!(^^)!

楽に楽しく生きるためのヒントを探し続ける、りゅう坊です!

 

今回の結論から申しあげますと、

楽に楽しく生きるためにズバリおすすめするマインド3選!

1自分中心

2自分理解

3自分責任

??? となるかもしれませんので読み進めてもらえると幸いです!(^^)!

いい意味でやっぱり自分を一番に考えたい

なぜ自分なのか?

『人はひとりで生きてるんじゃないんだ!』

あなたも聞いたことありますよね!実は言われたことがあるかも。

 

社会では人間関係があるため、ひとりではつらいですよね。

人に頼ったり頼られたりしながら関係を保っていきます。

 

そのため、自分というものを持っていないとやりきれない。

なんとなく理解できるとおもいます。

 

そのためには、自分というものを知っておかないといけない。

知ったうえでどう振舞うかを考えて行動することになります。

 

決して人に合わせなくてもいいと考えます。

ときには、合わせる場面もありますがそこはケースバイケース。

ですが、合わせるだけだと他人のために生きることになります。

 

まずは、自分を一番に考えて自分のカラーをつくることです。

自分が中心じゃないと自分の人生の意味がありません。【自分中心】

自分というキャラクターを認めること

『あの人のようになりたい』

思い起こしてみてください。あなたも誰かに憧れ、ああなりたいと

夢見た時期ってあるはずです。

偉人やスター、スポーツプレーヤーのあの人 etc.

 

誰もが通ったであろう道のりですが、その偉人やスターの

人たちも同じだったはずです。

 

ただ、『あの人のようになりたい』であって

『あの人になりたい』ではないはずです。なれないでしょうしね。

 

始まりは、あこがれからですが徐々に自分というものが見えてきて

自分のなかに認めたくない部分はあっても認めざるを得ない。

 

認めたくない部分、、、というとネガティブな言い方になってしまうので

それも含めて自分だと認めていく必要があります。

 

キャラクター化ができれば、動きやすいんじゃないかと考えます。

自分で自分を分析できれば、自分というものが理解できるはずです。【自分理解】

良くないのは環境やまわりのせいにすること

自分の思うようにならない、うまくいかないとき

まわりのせいにしがちになるのが人間の特性でもあります。

 

なかなか自分がわるい、自分がいたらない、自分のせいだと

認めたくない、認めることができないのが本質です。

 

でも、気にしなくてもだいじょうぶです。

程度の差はあっても誰にでもある部分だからです。

だからと言って放置すればいいという話ではありません。

 

良くない部分は、そぎ落としていく必要があります。

自分に責任があるんだと考えることができれば、グレート!【自分責任】

マインド3選 まとめ

人は、未完成です。足らない部分があって当然です。

完璧な人間などなれないので目指さなくてもいいと考えます。

 

”目指すのは、自分に負けない自分”

 

1自分中心

人生は自分が主人公、自分中心でいいし演じることも必要。

人に合わせてばかりいると他人のために生きる人生になる。

 

2自分理解

人は自分を理解しているはずだが都合のいいように思いたい。

よくもわるくも自分を認めることができれば自分らしさになる。

 

3自分責任

環境や人間関係のせいにせず、自問自答できれば見えてくる。

自分に責任があると認めることができれば視点も広がる。

 

3つのマインドを意識して

気持ちを楽に行動することを楽しくしていくことができれば、楽楽!(^^)!

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 人間関係へ
にほんブログ村


人間関係ランキング