度量で景色が変わる?わかんないけど広げる価値あり!(^^)!

りゅう坊です!

度量(どりょう) 

相手の言動行動を受け入れてあげるうえでの

”こころの広さ” を指すようです。

 

では、どれくらいなら広いと言うのか?

すべて受け入れられると広いのか? スペースにも限界があるでしょうし、

何でもかんでも、、、ということでもないでしょう。

 

すが、このように考えてしまうと恐らく行き詰ってしまいます。

 

なので、この言動や行動をとることができれば結果、

心が広い 度量が広い と言えるものを考えてみることにしました。

 

人に『度量が広いな!』と、ことばで言われることがなくても

少しでも広げることで目の前の景色が変わるはずです。

『人に言ってもらいたい』これだと、”度量が狭い” という話です!(^^)!

”3H”は要注意!否定・批判・非難

人の言動・行動を受け入れる心の広さとは?

考えてみると、人間って ”過ぎる” 生き物です。

 

言い過ぎる・やり過ぎる よって、まわりから事と次第によって 

否定・批判・非難を受けることになります。

 

ただ、このようなことは誰にでも可能性があるわけで即座に反応して

否定・批判・非難すればいいということでもありません。

 

人は、それぞれ思考や価値観も違います。

 

相手の言動・行動に否定・批判・非難を感情でぶつけてしまうと

場合によっては、早まった言動・行動になるケースになりかねないことを

気に留めておく必要があります。

 

3H(否定・批判・非難)をやるのはカンタンですが、これをやるより

一歩譲って意見や質問、論議に持ち込むことができれば、広さに繋がります。

擁護 というスタイルもありますが、そこは事の内容次第。

 

とは言え、なかなかこれができないのが人間。

自分の思考や価値観に相違があると、やってしまいます。

 

3H(否定・批判・非難)・・・

もっともこればかりでは、人として デンジャラス!

まず、気をつけたいことです。

自分を含め人間ってこういうものだとおもえば楽楽!

それぞれの人の言動や行動によって社会は回っています。

いちいち腹が立って文句を言ったりすることもあります。

もちろんボクもありますし、あなたもあるでしょう。

 

でもそれはそれであって当然。

思考や価値観に加え、喜怒哀楽というものが備わっているため、仕方のないこと。

これらをコントロールしながら生きているということです。

 

それがゆえ コントロールミスによっていろいろあります。

全球が真っ当でストライクなんてことはないので修正すればいいのです。

まわりの人もあなたもそうです。

 

他人のことに関してもここが許容できれば、自ずと ”広い” が見えてきます。

自分を棚に上げず、自分と照らし合わせて認めることです。

『自分がなんぼのもんじゃ!』とおもえば、スッと楽になります。

3つのことを考えて言行すると広い心になる

まず、人がやってしまう ”いただけない3つ” のこと。

・愚痴や不満を言う

・揚げ足をとる

・自慢とおごり

 

これらを含め ”セーブしたい3つ” のこと

・なんでも人のせいにする

・人の陰口・悪口を連発する

・自分をどこかに飾って出さない

仏のようになれとは言いませんが、少しでも広く大きくなりたいものです。

小さなことでごちゃごちゃ言っている自分に気づいたときの

情けなさといったら、、、という経験が多々あるので言うのです。

度量とは 心の ”3方良し”

度量は、心に起因するものです。

持ち方・構え方・捉え方 この3方を意識してまずは

他人の言動や行動をジャッジするよりも

自分の言動や行動に対する確認と自分磨きが先決です。

度量はみんなにあって、それが広いとか狭いという以前に

その器の中にどれだけの 量(りょう)をたくわえることができるか!

これがいずれ、器量(きりょう)にもなります!(^^)!

 

小っちゃくまとまらず、でっかく生きましょう!

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 人間関係へ
にほんブログ村