【人間の特性】他人のことにかまっている時間があるならもっと自分磨きを!

りゅう坊です!

あなたは、他人のことがとても気になりますか?

人の言ってること、やってること、、、

 

とにかく他人のことが気になる といった具合に。

加えて どう思われているんだろうか?などなど。

 

”気にすること” これは、わるくはないですが、

どうにもコントロールできないこと、これは、捨てる。

 

もっと自分のために気を使い、時間を使って

自分に関心を向けるようにしましょう!

という話です!(^^)!

他人のことをとやかく言うのは自分にも原因が、、、

自分を棚にあげているということ

まず、ありがちなのは

他人に意見する人に限って自分はどうなの?

という人がいたりすること。

 

人のやること、言うこと これに異常なくらい

敏感に反応する人がいます。

揚げ句 意見する・批判する・否定する。

 

そんな時間があるならですよ、

もっと自分自身を見つめて自分磨きをすべき、

そう考えます。

かく言う自分もそうだったと気づいた

偉そうに言っているそんなボクも

結構、人にどうおもわれているんだろうだったり、

 

偉そうに言っている人に

反論の意見を抱いて腹を立ててみたり、

愚痴や不満を募らせたり、

 

たくさんのおもいをしてきました。

ふつうは、そうなのかもしれません。

 

ただ、長年の経過で気づいたこと

これは、こういうことは必ずと言っていいほど

 

何かしらのカタチで自分の身に

返ってくるということです。

 

自分のことは棚に上げ放題にして

人のことばかり意見する・批判する、、、これです。

もちろん、何の得にもなってませんね!(^^)!

他人にばかり関心を寄せるより自分磨きに時間を!

自分に起こることは自分が招いている

これが、

ほんとかどうかは断言できませんが、

このように考えを変えてみると意外に楽楽!

 

なんでもかんでもそうしてしまうと

自分の身が持たなくなることにもなるため

そこそこの程度は必要ですけどね!(^^)!

 

自分磨きのポイントは

”自分にも原因がある”

認めることで余裕が生まれます。

関心を他人中心ではなく自分中心に向ける

・人のやることが気になり口を出す

・人の言うことにすぐ反論しかしない

・人に自分の意見・考えを押し付ける

 

ボク自身の経験とボク自身がそうだったと

いう観点から言えるのは、

 

確たる自分というものがない

自分というものに自信がない

 

これに加えて

自分と人をくらべたりばかりしている

 

まずは、自分に関心を向ける

これから始めることです。

 

せっかくの ”自分の人生”

他人に振り回されることはないのです。

時間と命は有限!愚痴や文句は無限!

もっと自分のために時間を使う

これってあまり意識しないとできないことで

ズルズルと他人に引きずられてしまいます。

 

自分にもっと関心を寄せて

自分のために時間を使い、

小さなことからでも自分を磨いていくこと。

 

これが、必ず 楽楽につながります。

にほんブログ村 その他生活ブログ 人間関係へ
にほんブログ村