ウッドデッキまわりの排水対策は必須!大雨に備えて処理方法を紹介!

りゅう坊です。

せっかくウッドデッキを作ったのに雨が降るとデッキまわりが水浸し、、、

なんてことになっていませんか?

今回は、デッキまわりの排水対策について実例をもとに解説していきますので

ぜひ、参考にしてみてください!

近くに排水側溝や雨水ますがあれば都合がいい

まずは必要性を確認する

最近、ゲリラ豪雨といった一時的に集中して大雨になることが多いですよね。

あなたの家のまわりはもちろん、ウッドデッキの周りも水たまりが残るのは、

好ましくないことですし、イヤなものですよね。

なので、排水対策もしっかりやっておくことをおすすめします!

 

ここから実践したもので解説しますね!(^^)!

処理方法を考える

今回、ウッドデッキをつくった場所が傾斜地でしたので

雨が降ると一気に雨水が流れる状態だったのです。

運よく近くに別の雨水処理用の会所ますがあり、

スムーズな処理に適しているため、利用することにしました。

さっそく、排水の計画をしながらもう一つ案を考えていました。

もう一案は、コンクリート製のU字型側溝をはめこんでもいいかな? 

そうも考えてみたのですが、人の行き来があって歩くと

つまづく可能性があるのと側溝のフタも必要になることから

表面に出ない地中に埋め込むカタチを採用することにしました。

施工の途中写真からアフター写真をご覧ください。

  

ホームセンターでも扱っている暗渠用の排水パイプを設置しました。

暗渠用の排水パイプは、表面から水が浸透する構造になっています。

直径が75ミリ、長さ4メートルです。

※図で表すとこんな感じです。

     

1 雨水が染み込みやすいように砂利で排水管を埋めます。

注)なお、土砂で埋めると、表面が目詰まりしてしまいます。

2 排水管は通過性の表面なので管内へ流れ込み、ますで処理します。

※排水パイプの表面です。

設置順序を説明します。

深さを30センチ目安で掘る → 防草シートを張る →

排水管を設置 → 砂利で埋める →

人工芝を張る → 完了

  • 縦横に排水管の直径の3倍程度を掘る
  • 防草シートなどを張る
  • 排水管を設置する
  • 砂利で埋めもどす
  • 人工芝を張る(まわり地面の状態に合わせる

使った材料について

  • 防草シート  雑草の抑制と透水効果がある
  • 排水パイプ  直径75ミリ 1本4メートル
  • 粒調砕石   1粒あたりの大きさが30ミリ以下
  • 人工芝    ロール状のもので幅1メートル

デッキ製作前に水はけ状態を調べてやっておきたい

今回の実例場所は、

もともと傾斜があり雨水がとても溜まりやすい場所でした。

デッキ下の処理はできていたのですが、他のまわりの対策が

できていなかったのです。

ウッドデッキの製作前に外周の排水処理についても

考えておく必要がありました。

りゅう坊りゅう坊

反省点です。対策を忘れずに!

調査のポイント

1.デッキの下面が雨水により水たまりになる心配はないか?

2.近くに排水ができる側溝など、存在していないか?

3.地盤がデッキの後部にある建物側へ傾斜になっていないか?

排水対策のまとめ

傾斜を測るのが基本ですが、実際の状態を知るため

雨の日に水たまりの状態や雨水の流れをチェックして

みるのが得策です!

どこにたまりやすいか、どんな流れ方をするかなど

イメージができます。

併せて対策を考えていくことが大事です。

基本は、水を集める場所を決めるのが最優先となります。

水処理ができないと、せっかくのデッキまわりもジメジメ感で

スッキリしません。

必要なことのひとつとして考えていきましょう!


人気ブログランキング