人と自分をくらべてない?! くらべてもむなしさが残るだけだよ!

りゅう坊です。

優越感と劣等感。

あなたも経験したことのある感覚ですよね。

端的に言えば、

相手より優る(まさる)という感覚と

劣る(おとる)という感覚。

その場面はさまざま。

人間ってくらべたがるものなのでくらべて勝ったような

優越感で意気揚々になったり、負けたような劣等感で

落ち込んだりします。

ただ、本来は勝った、負けたというものではなく、

感覚であり感情のもの。

優越感で威張ってみても劣等感で

自分を追い込んでみてもなんの損得にもならない、

取るに足らないことだよ、という話です。

人と自分をくらべてばかりいない?

人はそれぞれ違う特徴がある

そもそもくらべても同一人物ではないので

違いがいろいろあってあたりまえなのです。

良くも悪くもくらべることが、ナンセンス。

ただ、

特に劣等感を感じて気になるようなら、、、

素直に認めて落ち込むより相手に対して劣ると

感じる部分に足す作業をすることです。

劣等感を感じたまま落ち込んでしまうなんて

もったいないですし、落ち込む時間があれば

足す作業に使いましょう!

『自分なんてダメだぁ〜』

これが一番良くない、ということ。

逆に優越感に浸っていてもそこから進歩は

ないものになってしまいます。

それぞれの良いところを褒める、磨く

くらべることがいけないと言っているわけではありません。

ただ、くらべるだけでは、その差が解消できるものでは

ありませんし、その差は差であるだけです。

それよりも相手よりも足りない部分は、納得して自分の身に

つけることへ時間を使いましょう。

そして相手の良いところ、自分の良いところを見つけて

相手を褒め、自分を磨くよう切り替えると

変なストレスを感じることなく、楽に楽しくなれます。

もっと自分に注目していきましょう!

優劣をつけても一時の感情に浸るだけ

自分の強みを伸ばすほうが良い

優劣をつける相手は、ほとんど同じ環境にいる人。

知らない人とくらべても知らない部分も多すぎます。

まして たとえば、

著名人などとくらべてもさらに現実味がありませんし、

くらべることもしないでしょう。

 

感情を心にとどめて強みをみつけ、伸ばすほうが

楽で楽しくなります。

 

あなたにはあなたの良いところ、 

まわりの人にはそれぞれの

良いところがあります。

くらべるよりもお互いの強みを引き出して

伸ばしていく。

そして自分に足らないところは足していく。

これにチカラを注いだほうが得になります。

人とくらべてもむなしさが残るだけ まとめ

優越感に浸っても劣等感にさいなまれても

その瞬間の感情だけです。

あとに残るのは、、、

いずれにしても ”むなしさ” だけだとおもいます